新しい日本酒の味わい方

課長はBARにいる!?

新しい日本酒の味わい方

読了までの目安時間:約 0分

 

新しい日本酒の味わい方

No.1ソムリエという紹介の仕方からわかるように、著者は日本のソムリエの第一人者である田崎真也さん。

ソムリエは日本酒をどう見てるのか興味があり、この本を手に取りました。

冒頭で著者が言っているとおり日本酒の味わいを言語で共通化出来れば良いのにと感じます。

冒頭での著者の言葉を引用します。

日本酒の味わいを知るには、ワインと同じようなテイスティングの基本が必要だと考えて、最初の章において、私流のワインから学んだテイスティング用語を記しました。この用語をもとに、日本酒を言語化して感じていただければと思います。

確かに日本酒を言語化することはまだまだなされていないですね。

いきなり何も無いところから言語化するのは難しいでしょうから、まずはワインを言語化した言葉を借りて言語かを進める手法は理にかなっていると思います。

裏表紙に書いている著者の思いも紹介します。

新しい日本酒の味わい方

日本酒「も」好きな私としては、味の違いはわかってもその違いを説明出来ない状態です。

この本を読んで、この本で提案されている言葉に沿って味を日本語化したいなと考えています。

幸いにもこの本で紹介されている日本酒の種類は比較的少ないので、一通り呑んでみて、著者の言っている日本語を理解すること・共感することからはじめたいなと思います。

例えば、澤乃井本醸大辛口ではこのように書いています。

色調は(中略)クリスタル。(中略)ライチやマンゴスチンのような果実香に米の磨ぎ汁やビターアーモンド、クリームチーズ、スイカズラの花の香り(中略)味わいはまろやかで柔らかな第一印象から、次第にドライな印象へと変化し、余韻に軽快感を残す(以下略)

わかりますか?

私は全然わからないので、ココで述べられていることを

なるほど、ライチの果実香とはこんな香りか。。

ふむふむ、米の磨ぎ汁の香りが加えられているってこうゆうことか。。

というように一つ一つ味と言葉を繋げながら理解していきたいと思います。

新しい日本酒の味わい方

Amazonでの購入はこちらから。

No.1ソムリエが語る、新しい日本酒の味わい方 (SB新書)

 

タグ :

家呑み 日本酒乾杯 飲んだくれ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: