サラリーマン

課長はBARにいる!?

富士桜高原麦酒

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜日に河口湖方面のフォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブにゴルフに行きました。

早朝からのプレイだったので、富士スバルランド ドギーパークの富士桜高原麦酒が飲めるお店に行ってきました。

富士桜高原麦酒(Pils)

ラインナップとして3種類あり、これはPilsです。

写真を拡大していただくと、グラスの富士桜高原麦酒って書いてあるところの下に、「Pils」と書いてあるのが分かります。

富士桜高原麦酒によると、このPilsは世界で最も愛飲されているビールということです。

ビールの種類に詳しくないので何のこと?状態だったので調べました。

Pilsはドイツ語のPilsnerの略です。日本語ではピルスナー。なんとなく聞き覚えがある単語です。

Wikimediaによると、『淡色の下面発酵ビールであり、ホップの苦味を特長とする。現在、世界中で醸造されているビールの大半はピルスナースタイルである。』だそうです。つまりは製法ってことです。

もう1杯、Weizen(ヴァイツェン)と言うビールも飲みました。

富士桜高原麦酒(Weizen)

ヴァイツェンもビールの製法による区分です。

同じようにWikipediaによると、『南ドイツ地方で造られている白ビールであり、大麦麦芽と小麦麦芽で造られる。』

また、『白ビール(しろビール)または小麦ビール(こむぎビール)とは、小麦を多くの割合で使用して醸造したビールである。白ビールにはまた、大麦麦芽もまた使用する。白ビールは通常上面発酵である(ドイツでは法で定められている)』ということです。

ここまで来ると、下面発酵と上面発酵がなんなのか調べたくなってきますね。

上面発酵はエール、下面発酵はラガーと言います。ラガーって良く聞きますけどこんな意味だったんですね。

少し調べましたけど、ほとんどがWikipediaのぱくりになってしまうので、興味があればこちらをどうぞ。

ヴァイツェン並びにラガー_(ビール)

 

タグ :

家呑み ウィスキーはお好きでしょ♪ 飲んだくれ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: